NitroGrafxのセーブデータ

    バックアップRAM内に保存されているデータは
    NitroGrafx上では nitrografx.brm ってファイルに保存されてます。

    このファイルを入れ替えれば天の声バンクのような事ができるってことを書いておきます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    NitroGrafxでCD-ROM2ソフト(その2)

    次は既にISO/WAVのようにトラック単位にリッピングしたイメージをNitroGrafxで使う場合です。

    細かく解説するのは面倒なので結果だけ。

    NitroGrafxのreadmeに書かれているようにDaemonToolsでマウントして、
    それをCdrwinでリッピングしようとしたら・・・

    DamonToolsの仮想ドライブをCdrwinが認識しなかった orz

    ダメぢゃん。。。orz

    一応、DaemonToolsでマウントしたイメージをCloneCDで一度CD-Rに焼いて、
    それをリッピングしたらOKでした。当たり前か。orz



    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    NitroGrafxでCD-ROM2ソフト(その1)

    さて、ここからが本番。
    このNitroGrafxのウリであるCD-ROM2ソフトに関して。

    CDROM_readme.txtを見るとこんな感じ。
    ・CD-DAの生音が使いたければディスク全体をリッピング(*.bin/*.cue)
    ・CD-DAなんていらないって場合はデータトラックをリッピング(*.ISO)
    ・リッピングにはCdrwinを使え
    ・もしオリジナルディスクが*.iso/*.WAV のようにトラック単位に
     リッピングしたイメージの場合はDaemonToolsのような仮想ドライブを
     経由してリッピングしろ


    先ずはオリジナルディスクからディスク全体をリッピングしてみますかね。
    1.Cdrwinを探してダウンロードしてインストール。
    2.オリジナルディスクを入れてリッピング。

    Cdrwinってシェアウェアなのね。ふむ、等倍で焼く分には
    シェアウェア登録しなくても大丈夫なんだ。
    って・・・リッピングに等倍って・・1時間かよ。orz

    まぁいいや、ディスクを入れてCdrwinを起動して・・・
    げっ、この光学ドライブはサポート外ってどういうことよ。
    家中のドライブを試したらノートPCについていた
    「Optiarc DVD RW AD-7590A」を認識してくれました。

    ドライブは選ぶし、等倍でしか焼けないって難儀なソフトだな。。

    すったもんだしましたがCdrwinを使って無事 *.bin と *.cue が出来上がりました。

    早速microSDにコピーします。
    因みにコピー場所はインストール時に作った \NitroGrafx\ISO です。

    そして NitroGrafx起動♪

    先ず「File」タブの「Load Hucard」から
    CD-ROM2のシステムカードの読み込み。



    初めての起動なので一応SELECTボタンを押してバックアップRAMを初期化。



    次に「File」タブの「Load CDROM」から先ほどmicroSDにコピーしたディスクイメージを選択。
    んで、STARTボタンを押す。。。
    無事にスプラッシュレイクが立ち上がりました♪



    でも・・・DSの液晶が画面は小さすぎ。おっちゃんには辛いよ。。。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    NitroGrafxセッティングとHuCard

    インストールも出来たので早速 NitroGrafx(NitroGrafx.nds)を起動してみます。
    初めての起動なのでsettings.cfgが見つからないと怒ってますね。



    L+Rでメニューを出し好みに合わせて設定を行います。


    私はこんな感じ。
    ・「File」タブの「Load Hucard」からHuCardフォルダを指定
    ・「Options」タブの「Settings」項目からAutoSave SettingsをOn
    ・「Options」タブの「Settings」項目からAutosave BRAMをOn

    そして、「File」タブに戻って
    Save Settings を選択して設定内容を保存します。


    んで一旦電源を切り再起動。
    Setting loaded. と出てます。先ほど保存した設定内容がロードされました。



    ではゲームを起動してみます。
    「File」タブの「Load HuCard」を選択し起動するROM(*.pce)を指定するだけです。



    ちょっとゲーム上のフォントが大きめで文字の下が何ドットか欠けているのと
    画面が上液晶に全て収まらず若干スクロールする点がありますが
    PCEAdvanceの時と比べると随分再現性が良いですね。

    なかなか良い感じです。

    さて次はCD-ROM2のソフトに関してです。


    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    NitroGrafxのインストール

    最近任天堂DS上で動くPCエンジンエミュレータ、
    NitroGrafxを知ったのでちょっと試してみます。

    [用意するもの]
    ・任天堂DS本体
    ・マジコン
    ・NitroGrafx Ver0.5
    ・PCエンジンのROM(各自吸いだして下さい)

    NitroGrafxの入手は公式サイトから。
    http://www.ndsretro.com/

    [NitroGrafxインストール]
    microSDにNitroGrafxというフォルダを作り、
    その下に一式を格納する。


    因みにmicroSDのルートにNitroGrafx.ndsを放り込めば良いなんて
    馬鹿な事を書いているサイトがあちこちにありますが、
    上記の構成じゃないとエミュレータの設定内容を保存出来ませんぜ。

    ROMの格納場所は任意でOKです。
    但し日本語のフォルダや日本語のファイル名は文字化けする事に注意。

    今回はNitroGrafx直下にHuCardというフォルダと
    ISOというフォルダをこんな感じで作ります。


    これでインストールはOK。次はセッティングです。。。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします