最後に

    今回の調整ではVR102、VR103を変更した所
    読み込みエラーと音飛びが以前より改善されました。

    ちなみに今回は感覚の要素が非常に多いレポートです。
    自分自身も調整作業の経験がまだまだ足りないので
    おかしな事を書いているかも知れません。
    ピックアップ調整にチャレンジする場合は
    とにかく自分の目と耳で挙動をよく観察してくださいな。
    (現状の調整値をきちんと記録するのを忘れずに)

    こうするとより調整しやすい、こんな挙動があったなど
    ありましたらぜひ情報を下さい。

    あと、お気づきと思いますがピックアップ自体の
    ボリューム調整は特に触れていません。基板側のボリュームでなんとかなったので。

    個人的には極力レーザーの出力は変更したくないので(寿命を縮めるor壊す)
    まずは基板側の調整をして、それでもダメならピックアップのボリュームで
    (試しに)レーザーの出力を強くすべきなのかな?と今は思っています。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    手順5:VR105の調整

    次はVR105:(VCO)です。

    これはスピンドルスピード、CDの回転数を調整するもの・・・らしいです。

    時計回りに回すとディスクの回転数が上がっていき、
    ディスクが正常に読めなくなるようでピックアップが勝手に移動をはじめてしまいます。

    音楽CDで各トラックへの移動が失敗しない、
    自由にどのトラックへも正常に移動できる場所を設定します。

    DUO内蔵のCDプレイヤーでランダム再生をさんざん行っても
    再生に失敗しないボリューム位置、といってもピンポイントでなく広い範囲だったので
    結局作業前のときと同じ場所のままにしています。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    手順4:VR103の調整

    次にVR103:(Track Gain(Track Error Level))です。

    前の手順と同じく音楽CDとヘッドホンで調整を行います。



    RUNボタンを押し、DUO-R内蔵のCDプレイヤーで音楽CDを再生しながら
    ボリュームを調整します。

    挙動1:反時計回りに回していくとブチブチと音飛びが発生する。(ヘッドホンで確認)
         時計回りに回していくと音飛びは解消される。
    挙動2:反時計回りに回していくとドライブの動作音が静かになる。(DUO-Rに耳を近づけて確認)
         時計回りに回すと動作音がうるさくなる。

    音飛びと動作音からうまく落としどころを探す感じです。

    情報によるとドライブが静かに稼動する場所を探せとの事。

    私の場合DUO-Rを指でコンコン叩きながら音飛びが発生しない、
    でも極力静かな場所を選びました。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    手順3:VR101の調整

    次にVR101:(E/F Balance)の調整です。

    製品の音楽CDをセットし、ヘッドホンで音を確認しながら調整になります。



    RUNボタンを押し、DUO-R内蔵のCDプレイヤーで音楽CDを再生しながら
    ボリュームを調整します。

    挙動1:時計回りに回しすぎるとブツブツとノイズが出ます。
    挙動2:反時計回りに回しすぎると再生が出来なくなりディスクが止まります。
         (TVの画面上はDiskChangeにカーソルが移動したり、IDEXのカウントがループしっぱなしにも)

    このエリアの中で一番ノイズが出てこない場所がスイートスポットという話。
    情報では0度から45度の狭い範囲にあるというのですが・・・・

    私の耳が悪いのか、TVからのヘッドホンなので再生環境が悪いのか、
    私の環境ではノイズが出てこない範囲は120度くらいありました。orz

    よくわからないので作業前にマジックで記録した工場出荷時の値のままにしています。


    #「ブツブツとノイズが出る」という非常に曖昧な表現をして申し訳ないです。
    #実際に音を聴いてみて確かめて下さい。
    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    手順2:VR104の調整

    先ほども書きましたが、VR104:(Focus Gain)は
    DU0-R/DUO-RXにはありません。初代DUOに存在します。

    今回のDUO-Rで行っているので割愛しますが、
    やり方はVR102と一緒という話。(初代DUOでは私自身検証してません)

    >ボリュームを回しながらCDが回り始める場所を探しマーキング(A)、
    >更にボリュームを回し続けてCDが回らなくなる場所を探してマーキング(B)、
    >その中点の場所(C)がビンゴの調整値です。



    時間に余裕が出来たら初代DUOを仕入れて検証したいですねぇ。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    | NEXT>>