調整用ボリュームの位置

    基板にも書いてありますがDUO-Rには基板上に4個、
    ピックアップ部分に1個、合計5個の調整用ボリュームがあります。



    情報によるとそれぞれのボリュームの役目は以下になります。。。
    VR101:(E/F Balance)
    VR102:(Focus Offset)
    VR103:(Track Gain(Track Error Level)
    VR104:(Focus Gain)  ★VR104は初代DUOにのみ存在、DUO-R/DUO-RXにはない
    VR105:(VCO)

    役目を見ても私はちんぷんかんぷん。orz

    さて、これから調整用ボリュームをいじっていく訳ですが、
    予めボリュームにマジックで線を書き元の位置を記録しておきましょう。。。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    まずは分解、そして準備

    今回は我が家で正常に動いているDUO-Rで検証してみます。



    これを分解するにはトルクスドライバーのT-10というサイズ、いじり止め対応の奴が必要。
    ドライバー自体はダイソーで手に入ります。



    DUO-Rの底面に5つのビスがあるのでダイソーのトルクスドライバーで外してください。

    なお5つのビスを外すとDUO-Rのふたは外れますが、
    CD-ROMのふたを開けた事を感知するセンサーが取り付いているので
    本体基板側のコネクタを抜いてからDUO-Rのふたを外すように。

    次にCD-ROMドライブのふたについているマグネットを予め外しておきます。
    ツメに気をつけながら反時計回りに1センチばかり回せばマグネットは簡単に外せます。



    このマグネットはディスクを固定する為に使います。



    次にDUO-Rのふた部分に残っている開閉センサーを本体基板に取り付け
    センサー部分をクリップなどでショートさせておきます。



    これでDUO-Rのふたを外した状態で起動できるようになりました。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    はじめに

    PCエンジンに関わらずピックアップ調整というと
    オシロスコープが必要、オシロスコープがないなら止めた方がいい、
    壊すのがオチ、素人厳禁、
    オシロスコープ、オシロスコープ、オシロスコープ・・・・もう耳にタコが出来たよ。

    やめとけと言われて指くわえて眺めてたって何の進歩もない。

    オシロスコープも電気の知識もない私ですが、
    あちこちから集めた情報と自分の検証結果をもとに
    素人なりにピックアップの調整方法をまとめてみようと思います。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    閉店前に

    近所のゲームショップが閉店するって話なのでちょっと覗いてみた。


    マルチタップと天の声2を見つけたので在庫として購入。


    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします