スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    LT映像/音の修理

    この記事は修理が完了したという記事ではありません。(^^;あしからず

    ----------------------------------------------------

    さて、仕入れたLTですが電源を入れて電源ランプは点灯するものの
    音も映像も何も出てきません。
    S1307_IMG_9103.jpg

    基板の左奥の方のコンデンサを交換したら直ったと海外で報告されていたので
    その辺りがミソなんだろうな・・と思いつつ基板を眺めた所・・・・
    LTは液漏れしているコンデンサが結構な数あります。(2台のLTで確認)


    こりゃ大変だと思いつつ、とりあえず
    試しに2箇所のコンデンサを交換してみました。
    S1307_IMG_9125.jpg

    すると一応、音もなるようになったし画面も出るようになりました。(^^;
    S1307_IMG_9134.jpg

    しかし5~10分後・・・・また元の状態に逆戻り。
    コンデンサ交換で新たに別の部分に影響が出てきたのかよく解りませんが・・・

    状況としては容量抜けや液漏れしているコンデンサがあちこちにあるので
    まずはこれらの問題を潰さないと先に進まないです。(←今ここ)

    少々つまみ食いしましたが、今は他の作業もあるのでLTの修理は一旦中断中。
    落ち着いてきたらまた再開します。。

    とりあえず状況報告でした。
    スポンサーサイト

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    LT 分解

    さて、次はLTの分解について。

    LTはコアグラのように特殊ネジを使ってなく精密ドライバーで分解できます。

    手順としては・・・・

    まず裏側のビス5本を#0のプラスドライバーで外します。
    S1307_IMG_9190.jpg

    ビス5本を外すだけで底面(基板側)が液晶側と離れます。
    TVとゲームの切替スイッチ、背後にあるチャンネルプリセットのスイッチが
    ポロっと外れるので注意が必要です。
    S1307_IMG_9191.jpg

    液晶部分と底面(基板側)を分離する際に、いきなりパカッと大きく開くと
    右奥にある短めのフィルムケーブルを痛めるので注意してください。
    S1307_IMG_9192.jpg

    右奥にあるフィルムケーブルは3本。灰色のロック部品を上に持ち上げてから
    フィルムケーブルを取り外します。
    S1307_IMG_9193.jpg

    次にスピーカーケーブルを外します。単にこれはコネクタ外すだけです。
    S1307_IMG_9195.jpg

    これで液晶部分と底面(基板側)が分離できました。基板側を更に分解していきます。
    S1307_IMG_9197.jpg

    プラスチックの黒いカバーは単に基板の上に乗っているだけです。
    S1307_IMG_9199.jpg

    HuCardのスロットを止めている4本のビスを外します。
    S1307_IMG_9200.jpg

    これで底面カバーから基板を取り外せます。
    S1307_IMG_9201.jpg

    ここまで分解すれば修理も容易です。

    液晶側の分解については修理が進んできて実際に分解をしたら追記します。

    まずはここまで。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    LT ACアダプタ代替

    今までチョロチョロと匂わせていたようにLTが入手できたので
    時間を見つけては修理をして遊んでいます。

    S1307_IMG_9103.jpg

    全て修理が終わってから記事にしようと思ってましたが
    長期戦になりそうなので小出しに書いていきます。

    まずはLTで使われているACアダプタの代替です。

    [2014.01誤記訂正]
    純正品はPAD-117。DC9V、700mA、センタープラス。プラグの形状はGTと同じです。
    純正品はPAD-127。DC9V、700mA、センタープラス。プラグの形状はGTと同じです。

    S1307_IMG_9268.jpg

    よってDC9Vのアダプタの先っぽをGTの時に使用したマルシンのMP-138NKが利用できます。
    DC9Vの汎用的なアダプタを利用できるので
    内径2.1/外径5.5mmのプラグをMP-138NKに変換するケーブルを自作しました。

    S1307_IMG_9267.jpg

    GTの時と同様、MP-138NKでは少々プラグが長いですが
    これ以上の有効なプラグは見つかってないので仕方ないでしょう。

    まずはACアダプタ代替でした。


    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。