スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    HuCつまみ食い

    PCエンジンのプログラムを作るとなると昔からアセンブラと思ってましたが、
    HuCといわれるCコンパイラがあることに最近気づきました。

    HuCはDOS上で動くのでXPでもWindows7でも開発できるし、
    いかんせん無料で使える事もあって、試しにどんなものか?と思い
    ちょこっとだけつまみ食いしてみました。

    [HuC]
    http://www.zeograd.com/

    さて何を作ってみようか。ゲームを作るにしても何にしても入力デバイスはコントローラなので、
    「コントローラの入力状態を表示するプログラム」を作ってみました。
    ほとんどネットのサンプルソースのコピペですが。

    あーでもないこーでもないと試行錯誤しながらプログラムを書いてはHuCでコンパイル、
    *.pceという形でロムイメージが出来るのでエミュレータ(YAME)で動くのを確認してから、
    マジコンに流し込んで実機で改めて動作確認という流れです。

    IMG_7076.jpg

    試しに作ってみましたが、コントローラの接触不良を調べるには良いかも。。

    自分が長年触っているゲーム機で自作したプログラムが動くってのは確かに面白いですね。
    ハマる人が多いもうなずけます。



    以上、HuCのつまみ食いでした。
    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    sd : 2012/11/11 (日) 01:26:30

    こんなものを作ってる人もいますね。
    マジコンを使えば自作ソフトも楽にテストできそうです。

    麻雀コントローラ用テストプログラム。
    http://d.hatena.ne.jp/dumbo001/20080504/1209896404

    館のおじさん : 2012/11/12 (月) 20:23:45

    本来マジコンは自作ソフトを動かすために
    販売されているものですからね。

    1000回シークしてエラーなし!!とか
    直った!という品質を何かしらの形で担保したいので
    もし可能なら修理した機材の検査用のソフトを作りたいですね。

    今の自分じゃ絶対無理ですが。。。。

    管理人のみ通知 :

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。