スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    ブラウン管の撮影

    今まで何度かブラウン管TVの画面をデジカメで撮影してこのブログに掲載してますが、
    ブラウン管相手だとどうしても暗い場所が出来てしまってなかなか綺麗に取れないんですよね。

    001_IMG_8893.jpg

    何枚か撮影するとそれなりに撮れたりするので、頭抱えるほど困ってはなく
    そのうち綺麗に取る方法を調べよう!・・・と思いながら早幾年。
    やっと腰が持ち上がりました。


    ググると結構情報が出てます。ブラウン管ならでは走査線の影響だそうです。
    方法としては撮影の際のシャッタースピードを1/30とか1/15秒ぐらいに長くすれば良いそうです。

    一応やり方は解りました。


    普段写真の撮影には5年前に購入したキヤノンのコンデジ(IXY 920IS)を使っています。
    このカメラ、バカチョンのカメラなのでシャッタースピードを手動で設定することは当然出来ないわけで。

    しかしISO感度は手動で設定出来るので、ISO感度を下げることで
    相対的にシャッタースピードが長くなるようにしてみます。
    001_IMG_8365.jpg

    普段はISO感度はAUTOにしているので夜の部屋では自動的にISO800位に設定されてしまうのですが、
    これを手動でISO80~ISO100位まで落としたところ、シャッタースピードが1/25とか1/15秒に長くなりました。

    でで、この状態で撮影した写真がこれ。
    001_IMG_8894.jpg

    縞模様が出てますが暗い所はなくなりましたね。これだけ映れば私は十分です。


    整理すると、
    ブラウン管の映像をデジカメで撮影するには、
    シャッタースピードが1/15とか1/30秒になるように調節すればよい。

    シャッタースピードを手動で設定できるカメラならそのまま設定すればよい、
    出来ないカメラならISO感度を下げることでシャッタースピードを調整する。(絞りを絞る形でも可)
    最近のコンデジがどこまで設定できるのかわかってませんが・・・

    あとは、シャッタースピードが長くなる分場合によっては三脚を使うとか、
    チャカチャカ動く映像を撮影する場合はビデオなどに一旦録画して、再生&一時停止した状態で撮影するとか、
    そんな工夫もネットに出てましたね。

    以上、ブラウン管の撮影でした。
    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    管理人のみ通知 :

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。