スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    RetroPieと物理CDドライブ(その2)

    まずは環境や材料など。

    1.使用するラズベリーパイ

      今回組み込むラズベリーパイには RaspberryPi 3 を使っています。

    2.使用するレトロパイについて

      今回リリースされたばかりの4.2、Raspberry2/3 用のイメージファイルを使いました。

    S1704_RetoPie.jpg

    3.接続するUSBの光学ドライブについて

    うちはLogitecのポータブルDVDドライブを使っていて、
    電源はACアダプタから取り、USBケーブルでラズベリーパイと接続しています。

    S1704_IMG_4772.jpg

    dmesg コマンドでOS起動時のログを確認すると、
    ドライブ自体は AD-7640A、デバイス名は /dev/sr0 として認識していますね。
    ですので今後光学ドライブを指定して何かをするときは /dev/dr0 で指定します。

    $ dmesg

    S1704_dmesg.jpg


    4.組み込む mednafen について
      組み込む mednafen は Ver0.9.37.1 という古いバージョンになります。
      以下の場所に置いてありますので入手してください。
      https://github.com/mednafen/mednafen.github.io/tree/master/releases/files

      mednafen-0.9.37.1.tar.bz2 をクリック。
    S1704_mednafen_src001.jpg
      Download をクリックしてPCなどに保存してください。
    S1704_mednafen_src002.jpg

      ちなみにRetroPieには wget も入っているので wgetで直接仕入れるなら直林は以下です。
      https://github.com/mednafen/mednafen.github.io/raw/master/releases/files/mednafen-0.9.37.1.tar.bz2  


    5.小道具など
     とりあえずRetroPieをいじる上で必要なのは
     (1)コマンドを叩いて操作するためのターミナルソフト
     (2)ファイルを転送するソフト

     (1)については私は TeraTermを使ってssh接続しています。
     (2)については私は単にsmbを起動して共有フォルダ経由でPCから流し込んでいます。

     人によっては別のターミナルソフトを使ったり、sftpでファイル転送するなど
     好みもありますので、そこはお任せします。

     sshやsmbを利用するにはOSをインストールした後、 ssh や smb を使えるようセットアップが必要。
     セットアップと言えど、RetroPieにセットアップ用のシェルが組み込まれているので
     単にメニューから設定するだけですので楽ちんです。


    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    管理人のみ通知 :

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。