スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    RetroPieと物理CDドライブ(その3)

    それでは具体的にレトロパイに一昔前のmednafenを組み込んでいく手順になります。

    因みに構成としては個人環境に左右されにくいよう、新規でレトロパイをインストールしたホヤホヤの環境に
    mednafen を組み込む形にしています。またsshの繋ぎ方、ファイルの編集方法とかファイル転送仕方とか
    基本的な操作について書き出すと大変な事になるのでそういう所は端折ります。
    詰まったところがあれば必要に応じてググって下さい。

    1.レトロパイ4.2のインストール

      新しく microSD を用意してレトロパイ4.2のイメージを流し込んでください。
      イメージの流し込み方は参考になるサイトが色々ありますので省略します。
      私はWin32DiskImagerを使用しています。
    S1704_DiskImager.jpg


    2.レトロパイ4.2のセットアップ

      セットアップ関係を紹介しているサイトも色々ありますので具体的な手順は省略します。
      最低限、ネットに繋がる、sshでログイン出来る、smbでファイル転送が出来るようにしてください。
      あとはお好みでタイムゾーンをTokyoにしたり、キーボードレイアウトを日本語キーボードにする程度です。

      因みにsmbでファイル共有を行う場合、無線(WiFi)だと繋がらないケースがあるので
      有線で繋がるようにすると確実です。

    3.日本語フォントのインストール
      セットアップ直後のレトロパイは日本語の表示に対応していません。
      emulationStationで日本語を表示するならフォントをインストールします。
      sshでログインして以下のコマンドを打って下さい。

      $ sudo apt-get install fonts-droid

      インストール後に追加で行う設定は不要で、emurationStationを再起動するだけで
      日本語の表示が出来るようになります。


    「参考」smb の共有フォルダについて

      デフォルトでsmbを有効にした場合、 bios、configs、roms、splashscreens という共有フォルダが出現します。
      このフォルダがレトロパイのどの部分と繋がっているか絵に描いておきます。
      (詳細は /etc/samba/smb.conf を参照) 
    S1704_smbFolder.jpg

    4.コンパイルの準備(gccの確認、必要なライブラリのインストール)

      mednafenをコンパイル・リンクするにあたりコンパイラの確認をします。
      RetroPieは標準で gcc が入っているのですが、もしなかったら入れてください。
      以下のコマンドを打った時に、/usr/bin/gcc と出ればOKです。

      $ which gcc

    S1704_gcc.jpg

      次にmednafen が必要とするライブラリをインストールします。必要なライブラリは3つです。
      以下のコマンドを順に叩いてインターネットからインストールします。

      $ sudo apt-get install libsndfile-dev
      $ sudo apt-get install libsdl-dev
      $ sudo apt-get install libcdio-dev

    インストールが終わったら、念のためちゃんと入ったか確認します。

      $ dpkg -l | grep sndfile
      $ dpkg -l | grep sdl
      $ dpkg -l | grep cdio

    下の画面のように "-dev"のパッケージが確認出来れば良いです。
    S1704_dpkg.jpg

    5.mednafen のコンパイル

      ホームディレクトリ(/home/pi)に mednafen のアーカイブを置いて展開します。

      $ tar jxvf mednafen-0.9.37.1.tar.bz2
    S1704_archive.jpg

      展開すると mednafen というディレクトリが出来るので中に移動します。

      $ cd mednafen
    S1704_make001.jpg

      具体的にコンパイル・リンクしていきます。
      まずは configure で環境を整え、make でmednafenを作ります。
      順にコマンドを打っていきます。
      ラズベリーパイ3で大体70分、ラズベリーパイ2だと90分位かかります。

      $ ./configure
      $ make

      正常に終われば src配下にmedafenが出来上がっています。ファイルサイズは50M位です。
    S1704_buildEnd.jpg

      仕上げに make install でレトロパイにmednafenをインストールします。

      $ sudo make install

      正常にいけば、 /usr/local/bin に mednafen 本体が、
      ホームディレクトリ配下に .mednafen という設定関連のディレクトリが生成されます。
    S1704_install.jpg

    お疲れ様でした。

    次は実際にコマンドラインから起動してみます。
    ってことで続きます。。。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    管理人のみ通知 :

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。