スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    PCエンジンGT 液晶の修理

    さて、次はPCエンジンGTの液晶が映らない故障の修理です。

    これもコンデンサ交換で解決しちゃいます。

    先ずは交換するコンデンサの位置。下の写真右側、
    赤字の部分の小さいコンデンサ(4.7μF、35v)です。



    交換するコンデンサをアップで撮影。



    交換したコンデンサはオリジナルと同じ容量、耐圧の4.7μF、35vを利用しています。
    因みに古いコンデンサを取り外す時、パターンを剥がしてしまいました。orz



    音のときと同様にコンデンサを別の場所に格納して電線で繋いでます。



    これで液晶の修理は終わり。

    映り始めるまで5分10分かかっていたPCエンジンGTが、
    電源ONと同時にシャキーーーーン!!と映るようになりました。



    ※お約束の一言、修理は自己責任で御願いします。
    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    でんすけ : 2012/02/06 (月) 08:55:06

    こちらの文を拝見して電子工作などしたことがない私でしたがチャレンジしてみました。
    はんだ付けがなかなかうまくいかず苦労しましたが、何とか修理できました(音声、映像の両方)。音声もはっきり聞こえる(以前はボリューム最大でもかろうじて聞こえる程度でした)ようになり、映像も電源を入れてすぐに映るようになりました(以前は電源を入れるとぼんやり映り始める感じでした)。映像のコンデンサが特にやりづらかったです。半分賭けみたいな気持ちでやってみましたが、成功してよかったです。これからもこっそり拝見しに来ますね。それでは失礼いたします。

    館のおじさん : 2012/02/07 (火) 02:20:04

    GTの復活おめでとうございます。これでまた何年も遊べますね。

    復活したGTで存分に楽しんでください。

    管理人のみ通知 :

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。