スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    NitroGrafxでCD-ROM2ソフト(その1)

    さて、ここからが本番。
    このNitroGrafxのウリであるCD-ROM2ソフトに関して。

    CDROM_readme.txtを見るとこんな感じ。
    ・CD-DAの生音が使いたければディスク全体をリッピング(*.bin/*.cue)
    ・CD-DAなんていらないって場合はデータトラックをリッピング(*.ISO)
    ・リッピングにはCdrwinを使え
    ・もしオリジナルディスクが*.iso/*.WAV のようにトラック単位に
     リッピングしたイメージの場合はDaemonToolsのような仮想ドライブを
     経由してリッピングしろ


    先ずはオリジナルディスクからディスク全体をリッピングしてみますかね。
    1.Cdrwinを探してダウンロードしてインストール。
    2.オリジナルディスクを入れてリッピング。

    Cdrwinってシェアウェアなのね。ふむ、等倍で焼く分には
    シェアウェア登録しなくても大丈夫なんだ。
    って・・・リッピングに等倍って・・1時間かよ。orz

    まぁいいや、ディスクを入れてCdrwinを起動して・・・
    げっ、この光学ドライブはサポート外ってどういうことよ。
    家中のドライブを試したらノートPCについていた
    「Optiarc DVD RW AD-7590A」を認識してくれました。

    ドライブは選ぶし、等倍でしか焼けないって難儀なソフトだな。。

    すったもんだしましたがCdrwinを使って無事 *.bin と *.cue が出来上がりました。

    早速microSDにコピーします。
    因みにコピー場所はインストール時に作った \NitroGrafx\ISO です。

    そして NitroGrafx起動♪

    先ず「File」タブの「Load Hucard」から
    CD-ROM2のシステムカードの読み込み。



    初めての起動なので一応SELECTボタンを押してバックアップRAMを初期化。



    次に「File」タブの「Load CDROM」から先ほどmicroSDにコピーしたディスクイメージを選択。
    んで、STARTボタンを押す。。。
    無事にスプラッシュレイクが立ち上がりました♪



    でも・・・DSの液晶が画面は小さすぎ。おっちゃんには辛いよ。。。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    管理人のみ通知 :

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。