まずは分解、そして準備

    今回は我が家で正常に動いているDUO-Rで検証してみます。



    これを分解するにはトルクスドライバーのT-10というサイズ、いじり止め対応の奴が必要。
    ドライバー自体はダイソーで手に入ります。



    DUO-Rの底面に5つのビスがあるのでダイソーのトルクスドライバーで外してください。

    なお5つのビスを外すとDUO-Rのふたは外れますが、
    CD-ROMのふたを開けた事を感知するセンサーが取り付いているので
    本体基板側のコネクタを抜いてからDUO-Rのふたを外すように。

    次にCD-ROMドライブのふたについているマグネットを予め外しておきます。
    ツメに気をつけながら反時計回りに1センチばかり回せばマグネットは簡単に外せます。



    このマグネットはディスクを固定する為に使います。



    次にDUO-Rのふた部分に残っている開閉センサーを本体基板に取り付け
    センサー部分をクリップなどでショートさせておきます。



    これでDUO-Rのふたを外した状態で起動できるようになりました。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    管理人のみ通知 :