スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    ACアダプタ代替 Super CD-ROM2

    Super CD-ROM2のACアダプタ(PAD-125)に関して。

    材料などは以下を参考にしてください。
    http://pcerepair.blog.fc2.com/blog-entry-69.html


    電圧   :DC12V
    最大電流:1000mA
    極性   :センタープラス
    プラグ  :内径2.85mm/外径6.6mm
    電圧、最大電流は異なるが、プラグの口径と極性は初代DUOと同じ。
    (マルシンのMP-065Lやテクノパーツの変換ソケット(Bソケット)が利用可能)

    秋月のDC12V、1.5AのACに対し、プラグをMP-065Lに付け替えるか
    変換ソケット(Bソケット)をつればOKです。


    因みに私は初代DUOの時に自作した
    変換ケーブル(内径2.1mm/外径5.5mm → マルシンのMP-065L)を使っています。

    IMG_4771.jpg

    以上、Super CD-ROM2のAC代替でした。

    Super CD-ROM2の電源供給ケーブルに続く。。。。

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    この記事へのコメント:

    ファミコン現役 : 2012/04/08 (日) 12:40:56

    趣味再開したんですね。

    僕の近況は、Super CD-ROM2再調整でした。
    ゲームはできるもCD-Rの音声の読み込みが空振りすることがあるので
    レザー出力がゲームの読み込める最低レベルで調整したんだと判断し、
    再調整した。初代は、裏蓋を外すだけでCDドライブを作動させながらの
    調整ができたが今回は。特殊な方法で調整しました。
    詳しくは僕のブログを見てね。

    館のおじさん : 2012/04/08 (日) 19:32:58

    ブログ見ました。

    まだ趣味は再開できてません。
    まだ作業環境を作るためのDIYをしつつ、
    記事の焼き直しやコンテンツ整理と言った所でしょうか。

    これからTV台の製作です(笑)

    ファミコン現役 : 2012/04/08 (日) 20:10:49

    つまり趣味関係の記事制作のみ再開ってことですか
    失礼

    それは置いといて

    修理面倒でしたよ、読み込みながらの抵抗調整の仕方が最初解らなかったんで
    最終的にはブログの写真のようなやり方でできました。 最初っからそうすればよかった。

    館のおじさん : 2012/04/09 (月) 00:55:16

    そうなんですよ。
    ピックアップ調整する時は調整して組み上げて動作確認としていると結構大変なので
    カバーを外した状態で動かしながらボリューム調整する形が良いです。

    http://pcerepair.blog.fc2.com/blog-entry-38.html

    Super CD-ROM2でも同様にできるのですね。
    貴重な情報ありがとうございます。

    というかある意味人柱になってもらってますね(^^;
    早いとこ作業再開しないと。。

    管理人のみ通知 :

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。