ダンプ機能

    このマジコンにはセーブデータがフラッシュカート内保存出来て、
    かつセーブデータをPC上でバックアップ/リストア出来るそうな。。
    って事で早速使ってみた。

    とりあえず PCE_DumpSAVE.exe を起動。

    画面上にDumpSet.iniで設定しろと書いてある。
    それにしても解り辛い画面 orz
    第一アプリケーション名が DumpTest って何?製品版ですよね。これ。



    解り辛いのでRead/Write共にファイル名は同じにして使うようにしました。


    まずは「read file...」と「write file...」でファイル名を設定してバックアップ開始。
    あれ?指定したファイル名で保存されない。書き込みにも失敗する。??????

    そういえば「ファイル名はDumpSet.ini に設定」って書かれていたけど・・
    これって書き込みツールの時の様に初回起動時のエラーを回避するための手段でなくて・・
    ダンプするツール自体がDumpSet.ini に記載したファイル名しか見ない作りって事?
    画面上の「read file...」「write file...」のボタンは全く意味がないみたい。

    やられた orz

    試しにDumpSet.ini をメモ帳で開いて直接編集したら成功しました。
    それにしても酷い作りだな・・


    [結論]
    「read file...」「write file...」は完全に無視して
    DumpSet.iniを直接編集してファイル名を設定しましょう。。orz

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    セーブ機能について

    データセーブ機能がついた、
    このPCエンジンのマジコン(NEO Power PC-E 128M+SAVE super flash cart )。
    このセーブ機能ってのはどういう局面で使うのか?考えてみる。。。

    DUOシリーズやCD-ROM2システムのユーザは
    バックアップユニットでデータを保存、データの入れ替えは天の声バンクで行いますよね。
    だからこのデータセーブ機能は・・・・・無意味(笑)

    おそらく白エンジンやコアグラ単体で使う場合、AVブースターと
    天の声2が共存出来ないという矛盾を解決する機能なのかな?と想像してみる。
    DUOシリーズやCD-ROM2システム、そして
    天の声バンクを持つ自分には・・不要な機能(爆)



    失礼。白エンジンでAVブースターと天の声2が共存出来ない矛盾を解決するだけでなく、
    GTやLTでセーブデータを保存する事が出来るのね。。
    持ってないから気付かなかったよ。。。


    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    早速使ってみる(その2)

    まずはRAMが2MBitに増量されたって話なのでSuper CD-ROM2のソフトが動くか?検証。

    System Card Ver3.0 をフラッシュカートに書き込んでみる。

    システムカードの起動は出来た♪

    さて、RUNボタンでCDの読み込み・・・・・・・・・

    げっ!システムカードのバージョンを確認してくださいと怒られた orz
    Ver2.10の普通のシステムカードでSuper CD-ROM2 のゲームを起動した時と同じ挙動。

    [結論]
    RAMが2MBitになってもSuper System Card Ver3.0 は使えない orz
    64MBitのときと全く同じでした。(がっかり)

    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    早速使ってみる(その1)

    パッケージを開けて早速添付されているCDからドライバファイルでも・・・
    あれ?読めない、他のPCでもダメ。orz 頼むよ neoflashさん

    仕方が無いので製造元のneoflashのサイトから書き込みソフトをダウンロード。
    なになに?SlimLoaderIVのドライバは64MBitの時と同じで良いのね。

    以前吸い出したROMを用意して、書き込みソフトである
    Neo Power PCE Writer V1.1 SAVE.exe を起動。

    ROMのパスがないと怒ってやがる。相変わらずやね。
    [Choose Directory]で正しいパスを設定して・・と。

    ふと見たら画面左上のコンボボックスで64MBitと128MBitが選択出来るようになってる。
    今回は128MBit版なのでPCE_128を選択して、
    適当にROMを選択して[ADD]ボタンで追加して[Write]ボタンを押してっと。



    前回同様、PCEかTG16か聞いてくるのでPCEを選択。



    フラッシュカートに書き込み中。。。
    追加した順番に書き込まないのは相変わらずだな。。。



    とりあえず書き込みが終わりました。



    早速実機に繋いでみましょう。



    あ・メニューのバージョンが1.03から1.04に変更されてる。

    操作の説明も追加されて、何々・・・
    ゲームを起動する時にIボタンだとセーブ機能がONになり、
    IIボタンだとセーブ機能がOFFだってさ。


    白エンジンにAVブースターだけをくっつけて挙動を確認してみました。

    [Iボタン]
    あたかも天の声2でもついているかのようにフラッシュカート内にデータが保存されます。

    [IIボタン]
    バックアップユニットがない従来の動き、ゲームは保存出来ずパスワードバックアップとなります。


    確かにフラッシュカート単体でデータを保存出来るみたい。。。


    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    NEO Power PC-E 128M+SAVE super flash cart

    以前使っていた 64MBitのPCエンジンのマジコンが壊れてしまった。
    このご時勢、国内じゃそうそう手に入らないので
    ic2005.comで海外通販するしかないかな?と思っていたら
    銀行さんがパチモンtvと看板を付け替えて販売していたので早速購入。

    これがあるとHuカードをガチャガチャ入れ替える必要がないので便利なんですよ。

    って感想はおいといて、商品のパッケージは相変わらずです。



    3x3eyesみたいな絵が描かれた妖しい匂いプンプンの商品。



    64MBitの時は基盤に "BAT" と印刷されているだけでしたが、今回は電池が実装されています。

    64MBit版の時からの変更点としては
    ・RAMが2MBitに拡張された
    ・マルチロムで書き込める容量が64MBit→128MBitと倍となった(書き込める数は変更なし)
    ・セーブデータが保存出来、PCでバックアップリストアが可能
    ・ポピュラスなど特殊なゲームが動くようになった

    こんなところでしょうか?


    もしこの記事が参考になったなら拍手をお願いします

    <<PREV | | NEXT>>